男性の理解を得るには②

婚前契約で男性の理解を得るにはどうしたらいいか・・・

婚前契約を作成したいと思っているのは圧倒的に女性が多いです

 

「婚前契約作りたいなんて言ったら引かれるんじゃないか」

「絶対嫌がられる・・・」

 

そんなふうに思っている方は多いのではないかと思います

それは婚前契約が日本ではまだ一般的ではなく、認知されていないということが理由の一つだと思いますが、

婚前契約を知っていても、「イメージがよくない」というのがあげられます

 

婚前契約のイメージは

・結婚前に離婚の取り決めをする(これから結婚するのに離婚のことを決めるなんて、決して前向とは言えない)

・結婚で、ただでさえ縛られるのに、契約を結ぶことでさらに縛りが強くなる

 

このようなイメージを持たれている方はいらっしゃると思います

ですが、以前に男性からのこんなご依頼がありました

 

男性は資産をお持ちの方でした
ファンドを運用している関係で、万が一離婚になった際、財産をすぐに現金化することが難しいため、財産分与が一括でできない

財産分与の代わりに彼女へは毎月の生活費を渡していきたい

 

といった内容でした

「結婚する前に離婚の取り決め?」と思う方もいらっしゃると思いますが、この男性のように、彼女のことを思って真摯に万が一のことにも向き合える人は、きっと離婚にも至らないと思います

 

このように、男性の女性に対する愛情表現として、男性から提案して頂けるのが一番理想です

 

ですが、「婚前契約」が一般的でない現状で、なかなか男性からの提案というのは難しい…

ではどうするか

 

そもそも「婚前契約」のイメージが悪いので

そのイメージを覆す必要があります

 

プリナップ協会が提供している「婚前契約」は単なる結婚前の約束ではなく

二人の絆を深めるための約束です

 

婚前契約=絆の保険

 

生命保険は当たり前のように皆が入ります

結婚という人生最大の節目にも、二人の絆を守る保険が必要だと思います

それが「婚前契約」です

 

性格の不一致とよくいいますが、もともと他人同士ですから、性格が一致することはありません

それでも結婚生活をうまくいかせるには、二人の方向性を合わせる必要があります

細かいことを挙げるときりがありません

細かなことは違っていても、二人が同じ方向を向いていれば夫婦生活はうまくいきます

そして、意外と最初が肝心なのです

 

長い結婚生活、どんなときも二人が同じ方向を向いていけるように、二人の絆を守るために、お相手の方に「婚前契約」を提案してみてください

 

婚前契約の内容について漠然としている方は、カウンセリングを致しますのでぜひカップルでお越しください