婚前契約は入籍前に

婚前契約を作成したいけど、入籍までに時間がない・・・という方で多い質問が

 

「入籍後でも作成できますか??」

 

というご質問

答えは残念ながら「NO」です

 

その名のとおり「婚前契約書」ですので、婚姻前に作成する必要がございます

婚姻後の契約書は「夫婦間契約書」となります

これはただ名前が変わっただけではなく法的にも効力が変わってしまいます

民法の規定で「夫婦間の取り決めはいつでも取り消せる」というものがあります(※但し例外あり下記参照)

 

 

夫婦間の契約取消権

民法第754条

「夫婦間でした契約は、婚姻中、いつでも、夫婦の一方からこれを取り消す事ができる。ただし、第三者の権利を害する事ができない。」

 

婚姻前であれば他人同士の契約となりますので、取り消すことはできません

婚前契約を作成したい方は、期間に余裕をもって必ず婚姻前に作成してください

 

 

<民法754条の例外>

※民法754条は、夫婦関係が円満な場合にのみ有効となります

夫が不貞をし夫婦関係が実質破綻状態にある場合にした夫婦間契約は取り消すことができません

 

 

当事務所では、婚前契約書を法的に効力のある公正証書の形で作成しております

(公正証書でない婚前契約書には法的効力はありません)

 

「婚前契約」は、法的な観点から結婚前でなくては意味がありませんが、

それ以外にも、結婚前に婚前契約をお勧めする理由がもう一つあります

 

結婚前は相手の本質が見えていないという事実

 

まず結婚前のカップルの状況についてお話します。

 

「結婚前は、相手の悪いところは見えない」

「結婚後は、相手の悪いところばかり見える」

 

私たちの脳は、このようになっているそうです。

結婚後に、「こんなはずじゃなかった」というのはよく耳にしますが、脳の構造上、ある意味仕方ないということが言えます。

ほとんどのカップルが、相手の本質を知らずに結婚をし、そのうち3分の1が離婚。その理由の大半が、性格の不一致です。

性格の不一致の原因は、結婚前に相手の本質を知らないからではないでしょうか。

「婚前契約」を作成する過程では、嫌でも相手の本質がみえます。

お金の話や、異性の話、非常にプライベートな内容になりますので、相手の意外な部分もみえてくると思います。

その意外な部分が見えたら、ショックを受けるのではなく、ラッキーと思ってください。

なぜなら、結婚してから知ることのほうが、何倍ものショックになる可能性があるからです。

 

「結婚前は、両目をみひらいて相手をみて、結婚後は、片目をつぶる」

このくらいがちょうどいいのです。

 

 

※公正証書作成には2週間~3週間程度かかりますので余裕をもってご依頼ください