経営者や資産をお持ちの方の婚前契約

経営者の方や、資産をお持ちの方は、やはり婚前契約を結ばれる方が多いです。

資産はあればあるほど揉めるというのが常です。

これは、相続争いをみても明らかです。

相続で揉めないために遺言があるように、離婚で揉めないために「婚前契約」があります。

 

欧米では4組に1組が結ぶ婚前契約

アメリカやヨーロッパでは、資産がある方に限らず、4組に1組が婚前契約を結びます。

泥沼化して、楽しかった思い出が全てなかったことにならないよう、婚前契約を結ぶという選択をするそうです。

 

会社を経営する立場であれば、当然会社の資産は守らなければなりません。

会社と経営者の資産は別物ですが、それをご存知ない方も多いです。明確にしておくことでトラブルを防ぐことができます。

 

個人の特別な技能で高収入を得ている場合

特別な能力によって収入を得ている人、例えばスポーツ選手などもそうですが、個人の技能によって特別に収入を得ているような場合、やはり財産分与で揉める可能性が大きいです。

 

このように、万が一の際、一般の方より揉める可能性が高い経営者や資産家・特別な技能をお持ちの方には、婚前契約をお勧めしており、ご本人もその必要性を感じていらっしゃる方が多いです。

 

お相手の同意をどう得るか

ここで問題となるのが、「お相手の同意」です。

日本ではまだ馴染みがないだけに、切り出し方が難しいと思われる方も多いと思います。

ですが、ポイントは「自分の要求だけを押し付けない」ことです。

婚前契約は一方的なものではなく、お二人のために作成するものですので、ご自身の希望と、お相手の希望と、両方盛り込むべきだと思います。

 

どんな内容にしたらいいか分からないという方、カウンセリングから致しますのでお気軽にお問合せください。