婚前契約で多いのは・・・実は浮気・不貞問題

こちらで作成する過去の事例から、

 

婚前契約書の作成をご依頼される方の中には、過去に浮気されたり、浮気でなくても、信頼を裏切られることがあったり…という経緯があります

 

それは、婚約中のことだったり、数年前のことだったり、

若しくは、前の旦那さんに不倫されたのがトラウマとなり、今の彼と再婚できない・・・

 

といったように、以前に何らかの辛い経験があり、

婚前契約の作成に踏み切るといったケースが多いです

 

確かに、何の心配もなく幸せいっぱいなのに、「婚前契約を作ろう」とはあまりならないかもしれません

 

欧米では、結婚前に婚前契約の作成が一般的なようですが、日本では存在自体ご存知ない方も多いのが現状です

 

 

婚前契約書は「お守り」として

 

幸せいっぱいで何の不安もない方にとって婚前契約は二人の良い記念になると思います

 

結婚に不安があるという方にとっては「お守り」になるのではないでしょうか

 

「お守り」として実際に作成される内容は、男性にとって厳しい内容のことが殆どです(彼が婚約中に浮気をした場合です)

内容は婚姻期間中に不倫した場合のペナルティが書かれていたり、細かい約束事が書かれていたりしますが、それでも作成に応じる男性というのは、結婚に対して「覚悟」を決めたという証です。

「婚前契約」は結婚後の不倫を抑止する効果も期待できますし、傷ついた女性からすると結婚に踏み切る一つのツールとして非常に有効です。

 

また、婚約期間中に何らかの不安要素が発覚した場合、「ご両親の反対」が壁になることがあります

実際にそのような理由でご依頼される方もいらっしゃいますが、婚前契約があることで、「結婚を許してもらった」というケースも過去に数件ございました

ご両親を安心させてあげるためにも「婚前契約」をお勧めしております

 

 

結婚は責任がともないます

ここからは、「婚前契約」の話というよりも、「結婚とは」の話になりますが・・・

 

結婚は法的にも色々な責任や義務が伴いますが、ここではそういった話は省きます

ここでお話したいのは

「結婚相手にその人を選んだのは自分自身である」

ということです

結婚生活は長くなればなるほど色々なことがあります

1人より2人、2人より3人と家族が増えた方が楽しいことも増えますが、それだけ大変なことも増えます

旦那さんに対して不満が爆発することもあるでしょうし、信頼を裏切られることだって可能性としてはあり得ます

そんな時、相手を責めるだけではなく、「どうしてそうなったのか」「自分に責任はなかったか・・・」と自分に問いかけてみてください

もし、自分に責任がなかったとしても、最終的には「そういう人を選んだのは自分である」ということ、そこには責任を取らなければなりません

 

長年、多くの離婚相談を受けてきて感じたことです。

好きで結婚したはずなのに、別れ際には

「直接話したくない」「顔も見たくない」

楽しかった思い出も全てなかったことになっています。

 

そうならないためにも

結婚に踏み切るのは、責任を取れる準備ができてからです。

その「責任を取ること」の準備のために、婚前契約をお勧めしたいと思います

 

 

34609279.jpeg コスモス