サルトルの婚前契約から見る対等な夫婦関係?

哲学者のサルトルは初めて婚前契約(契約結婚)を提唱したと言われています。

その内容が驚きなのですが

 

「お互いの自由恋愛を保証する」といったようなものでした

 

要は「浮気・不倫OK」ということ。

サルトルは「自由で対等な新しい男女関係にしよう」と提案したのです。

この「自由で対等な夫婦関係」というところには非常に好感がもてますが。。。

さすが男女関係については自由な国フランスですね

 

サルトルの提案した「自由恋愛」というのは、現実的ではありませんが、

婚前契約は相手を縛るためのものではなく、2人がお互いの価値観のもと、自由に内容を決めることができるのです。

独自のルールでいいのです。

 

人はある程度ルールを決めてあげると、その中で自由に動き回ることができる

 

サルトルと妻のヴォーボワールはサルトルが亡くなるまで50年間添い遂げたそうです。

この婚前契約の例は極端ですが、相手を縛らない内容というのはあります。

例えば

携帯電話(LINEなど)を勝手にみない

結婚してもお互いのプライバシーは守る

週末は趣味に費やす時間を確保できるようお互いに協力する

 

プリナップ協会が提供する「婚前契約」は、夫婦の在り方を考え、健全なパートナーシップを育むことを目的としています。

 

サルトルの「自由恋愛」は決して健全とはいえませんので、当協会でそのような内容のものを作成することに関しては、非常に慎重になります。

書き方にも工夫が必要だと思います。

可能な限り、ご依頼者様の意向にそったものを作成することを心掛けておりますが、書き方については、ご相談させて頂くこともございます。

 

そして、必要な方には、カップルでのカウンセリングもしておりますのでぜひお二人でお越しください